本文へ移動

沿革

愛友保育園のあゆみ

昭和37年7月1日

前園長佐々木淺子が、病院のケースワーカー、看護師、助産師、保育士、調理士などの資格を生かし、京都市認定昼間里親となる。

私財を投じて自宅の診療所を改造して佐々木ナーサリーホームとし、0歳児、特に産休明け、長時間保育、障がい児保育、緊急途中入所児など、社会の複雑化、保育の多様化などに伴い、制度と制度に埋もれたり、はみ出した、保育に欠ける児童を保育する。

昭和47年4月1日
10年間続けた昼間里親から同一場所で、小規模乳児保育所として認可を受ける。
定員30名。
昭和48年4月4日
社会福祉法人愛友会設立
昭和53年4月5日

地域の保育要求があり、かねてより日本赤十字社と社会福祉法人愛友会との間で

話しあっていた土地使用貸借契約の成立とともに、新園舎計画がすすめられ、

地域の保育所として竣工、移転し、乳幼児併設園となる。定員60名。

昭和59年4月1日
定員を60名→90名に変更
平成14年4月1日
京都市より、地域子育て支援ステーションに指定される。
平成15年3月31日
子育てサロン増築
平成20年2月
石室都子 園長に就任
平成29年10月
石室恵美 園長に就任
平成31年4月
企業主導型保育所「あいゆうナーサリー」を愛友保育園内に開設
愛友保育園の定員を90名から70名に変更
社会福祉法人愛友会 愛友保育園
〒605-0975
京都府東山区泉涌寺雀ヶ森町15-1
TEL.075-525-2575
FAX.075-525-2514
 
TOPへ戻る